SELECTED ENTRIES
LINKS
SEARCH

病院や医者の見分け方

前回はドクハラから始まり、患者‐医者関係についてお話いたしました。ドクハラは言語道断ですが、とかく医者との関係は難しいものです。そもそも、病院や診療所は都会でこそようやく増えてきましたが、さすがに喫茶店や洋服店ほど一般的ではありません。ましてや地方に行くと、町や村に一つか二つというところもあります。従って、どうしても選択の余地は少なく、不満足ながら通院しなければならないこともあるでしょう。また病院や医者の質も分からなく、最近でこそランキング表やお勧めの病院案内なども登場してきましたが、果たして本当に良いのかどうか分からないというのが実情と思います。私自身も自分や家族が病気になった時、何処へ受診するか迷ったことが何度もあります。そこで今回は病院や医者の見分け方についてお話し致します。まずは病院や診療所について、その長所と短所を一言でまとめてみましょう。


        長所        短所
大学病院: 先端的医療 ・ 大混雑する
総合病院: 標準的医療 ・ 特色はない
診療所等: 特徴的医療 ・ 個人差あり 


といったところです。国公立か私立かによっても多少は異なります。これは役所と会社の違いと同じようなものです。私は上記、全ての種類の病院に勤務いたしましたが、やはり勤務先によって多少、診療が異なったことは正直ありました。特に民間は会社やお店と同じようにその病院の方針というものがありますから、その病院に応じた診療を行います。但し、医者としての基本姿勢はいつでも変りありません。それはまず第一に患者さんとご家族の健康と幸福を考えて診療するということ、いわゆる「医は仁術である」ということです。この点が商業的なサービス業とは最も異なるところです。この原則を押さえた上で、サービス業としての特色も加えてまいりたいものです。ともすると国公立の機関ではその性質から「お役所の対応」になってしまうことがありますから、良い意味でのサービス・ホスピタリティを意識することが大事でしょう。



次に医者についてお話いたします。医者の世界はドラマや小説でよくご存知でしょうが、内容によっては全くのフィクションであったり、デフォルメであったりもしますから、実際の医者の意見をご紹介いたしましょう。まずは前回ご紹介した「ドクハラ」の提唱者、元癌研究会付属病院の医師だった土屋繁裕先生が「ドクハラ医師を見抜くチェックポイント」について述べられています。

,△い気弔鬚垢襪
威張らないか
4擬圓ら目をそらさないか
づ椶蕕覆い
ゼN鼎魑泙ないか、薬が多くないか
γ里辰燭ぶりをしないか
Ю賁舁儻譴鰺緡鵑靴覆い
┝蟒僂篌N鼎亮慢話をしないか
恩着せがましくないか
説明なしに検査をしないか


普通の会社やお店では考えられないような話ですね。しかしこれがありがちな医者の現状なのかもしれません。いわゆる「お医者様」の結果でしょうか。患者の立場としては可能な限りこのような医者を回避して、本当に信頼できる医者にかかりたいものです。それにはその医者がどのような性格の人物なのか把握する必要があります。そこで、私がかつて勤務していた長野県・佐久総合病院の内科医で、芥川賞作家でもある、南木佳士先生がご自身の著書「医者という仕事」朝日文芸文庫、29項、に書かれていた医者の分類をご紹介いたしましょう。


^絣悗凌癖發鯡擬抖い某じ、進歩することは良いことだと信じきって感傷を廃し、研究論文を書きまくって狭いギルド社会の中で出世するタイプ
△箸蠅△┐坤泪縫絅▲訥未蠅里海箸鬚笋辰董患者には深入りせず、医学の進歩とは無関係の論文で博士号を取り、中流生活者としての基礎を築く者
最先端の医療では捉え切れない、人間の問題に興味を持ち、地域の老人医療などに取り組む連中


,全く悪い医者で、がとても良い医者に表現されていますね。一面では真実かもしれませんが、必ずしもそうとは言い切れません。医学・医療の進歩のために研究は必要ですし、それに携わることは並大抵な努力で続けられるものではありません。特に一流の研究医と呼ばれる方は大抵、個人的な欲求をかなり犠牲にして純粋に研究へ精進しています。一方、地域医療や老人医療に貢献されている医者に素晴らしい方が多いのは確かですが、中には自分が中心となって活躍することに喜びを見出している自己愛的な人間もいます。従って「そのような傾向がある」というくらいに捉えていただくのが良いと思います。次は精神科医に関して、防衛医大・精神科の野村総一郎教授が「精神医学」(医学書院)の巻頭言で書かれていた精神科医のタイプ分けをご紹介いたします。

〃稾浬室臓柄道─縫織ぅ
 総合病院、臨床中心、経験主義
∪菽式絣悄紛叛啝蠑紂縫織ぅ
 大学病院、研究中心、海外志向
じっくり(趣味の世界)タイプ
 単科病院、読書中心、質を重視


これも面白く極端に説明されていますが、当然、全てこの通りではありません。総合病院で丁寧な診療をされている医者は大勢いますし、大学病院で患者さん中心の臨床を行っている医者も大勢います。従って、「病院によってはこのような医者になりがちである」と解釈するべきでしょう。その医者の性格は一般の方々と同じように、元々の素質と環境との相互作用によって形成されるからです。そしてこれは患者さん方へというよりも、これからの若い精神科医へ向けた警鐘になるでしょう。



従って、以上のような傾向は指摘されるとしても、結局、その医者の人間性によるのではないかと思います。すなわち、医学部へ入学するまでの生れ育ち、大学の学生生活、卒後教育・研修、そしてあらゆる人生経験が影響するでしょう。医者としての知識や経験もさることながら、一人の人間としてどのような人生を送り、送ろうとしているかが影響するということです。患者の立場としてはこのような背景を多少なりとも理解しながら、本当に信頼できる医者を探してまいりたいものです。翻って、銀座泰明クリニックでは皆様から本当に信頼される医療をご提供できるよう誠実に取り組んで参る次第です。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

追記
佐久総合病院、名誉総長、若月俊一先生が8月22日、午前5時5分、肺炎のため亡くなられました。96歳。「農民とともに」を合言葉に農村医療・地域医療の発展へ多大なる貢献をされました。心よりご冥福をお祈り致します。
参照:信州に上医あり、南木佳士、新潮新書
2006.08.20 Sunday 21:35 | comments(1) | trackbacks(6) | 

医者からの嫌がらせ〜ドクハラ

今回は「嫌がらせ・ハラスメント」シリーズの第三回、「医者からの嫌がらせ〜ドクハラ」と致しました。このテーマは私としましても我が身を振り返る話であり、患者さんの立場、心情を思えば避けて通れないことですので、真摯にお話させていただきたいと思います。

ドクハラ、ドクターハラスメントとは「医師および医療従事者から患者さんに対して行われる不適切な言葉・行動・その他、全てを含む」と言われています。その提唱者、元癌研究会付属病院の医師だった土屋繁裕氏によると更に以下のような分類がなされています。

1. 脅し型:強引に治療に従わせる
2. 告知型:患者やその家族を絶望に追い込む
3. エゴ型:患者の治療や回復よりも病院の利益を優先する
4. 人間失格型:人間として許せない程、患者を傷つける
5. セクハラ型:産婦人科などで女性患者にセクハラする
6. ミスマッチ型:状況を理解せずちぐはぐな言動をする
7. 子どもへのドクハラ型:子どもの治療時に親へ行う

1〜7は軽重ありますが、残念ながらどれも日本のどこかで現実に起こり、問題となっていることです。2〜7は論外ですが、1は注意しないと脅さないまでも、多少は行われてしまいがちな事例です。と申しますのは、医療というのが特殊なサービスで、診断も治療も主に医者が主導権をとってしまうからです。患者さんの立場としては病気の知識も治療の種類も医者以上に知っていることは少ないため、場合によっては目前の医者へまさに「命を預ける」ことになってしまうのです。



これまでの医者‐患者関係を説明するにあたり、パターナリズム、家父長主義と言われる概念があります。これは医療現場における医者と患者の力関係を家庭における父親と子供の関係になぞらえて説明したものです。すなわち、知識と経験がある医者を父親に、それの少ない患者さんを子供に見立てたものです。患者さんには失礼な話ですし、現代の都市部においては既に通用しないことと思いますが、実際のところ医師数の限られていた20‐30年前や、現在でも地方で医者の少ない地域などにおいて、しばしば認められる事実です。

医者は卒後間もない若い時から「先生」「お医者」などと呼ばれ、地位や立場を上に置かれてしまいがちです。そして、ともすると自分が全知全能であるかのごとく錯覚し、傲慢・尊大な態度に陥ってしまうのです。ベテラン・年配の医者もさることながら、卒後2-3年の研修医がわずかな知識と経験のもとに「偉く」なってしまうことさえあります。そもそも、医学部へ入学する学生には、善良で心優しい若者が大勢いますが、いわゆる偏差値秀才という者もいることは事実です。

これに対して最近ようやく高まっている概念がインフォームド・コンセント、説明と同意です。そもそも1957年のアメリカにおける医療訴訟を契機に生じてきたものですが、昨今、訴訟の相次ぐ日本においても広く認知されてまいりました。「患者さんに対して病状を十分に説明し、同意を得た上で治療を行う」ことで、基本には医者と患者さんとが目線の高さを等しくすることが求められます。一般社会においては当たり前のような話ですが、医療においては上記のような背景があったため、なかなか実現してこなかったのです。

但し説明し過ぎるのにも問題はあります。稀な薬の副作用をいくつも挙げれば、患者さんはむしろ不安になり服薬を躊躇ってしまいますし、特に精神科においては、うつ状態の患者さんは判断力や決断力が低下していらっしゃいますので、情報が多過ぎることで具合が更に悪くなってしまうこともあるからです。

セカンドオピニオンと呼ばれる診療形態も一般化してまいりました。定期的に通院している病院・医者とは別の病院・医者を受診し、診断と治療を再検討してもらうことです。その時の主治医を絶対的に信頼していれば不要ですが、なかなか病状が回復しなかったり、治療関係が揺らぎ、主治医へ不信や疑いを生じた時に行われているようです。これは過ぎるとドクターショッピングに陥ってしまいますが、治療の初期や膠着している時には仕方ないことかとも思われます。

いずれにしても、現在の日本の医療において、改めて医者‐患者関係を見直す時期を迎えていることは間違いありません。患者さんにとって、より良い関係・治療を得られるよう様々な努力をしていかなければなりません。次回は良い医者・精神科医の選び方・探し方についてお話いたします。
2006.08.06 Sunday 12:14 | - | trackbacks(2) | 

異性からの嫌がらせ〜セクハラ

前回はパワハラについてご説明いたしましたが、ハラスメントとしてはセクハラについてお話しないわけにはいきません。セクハラ、セクシャルハラスメントとは職場や学校などにおいて、相手の意思に反し、性的な言葉や行為を行い、不快な心理に陥らせることを言います。多くは男性上司から女性部下に対して行われます。直接的に性的な発言や行動を起こすものから、間接的に人事や環境に影響をもたらすものまで、その範囲や程度は多岐に及びます。部下である女性は不快に感じながらも、上司である男性に対して強く反抗することできず、我慢していることが大半です。パワハラ同様、かつての日本の封建的・男性中心な職場では日常茶飯事、行われていたようですが、昨今、国際的な男女平等の社会を向かえ、問題行為として改めて取沙汰されるようになっています。

驚くべきことは、セクハラ事件が身近な普通の職場をはじめ、世間で言われる有名企業や有名大学でも生じていたことです。被害者は女子社員や女子学生であり、加害者は幹部社員や指導教授でした。加害者には有能な人物も少なくなく、仕事や研究において誇り高い業績を挙げていたにもかかわらず、裏側では猥褻な言動を繰り返していました。事例化する前には注意や警告があったにもかかわらず繰り返されていました。

これは男性の性衝動というものが高度な理性的思考によっても抑制されがたいことの一つの証左であると考えられます。男性の性衝動は男性ホルモン、アンドロゲン〜テストステロンに強く影響されますが、積極的・攻撃的な行動をはじめ、支配欲や征服欲もこの男性ホルモンに左右されるところが少なくないといいます。従って、積極的で支配欲も強い社会的地位のある男性が、ともすると自分の立場も省みず、配下の女性に対して嫌がらせとなる性的な言動を取ってしまうのでしょう。いわゆる「英雄、色を好む」という文句もありますが、しかし本当に有能で信頼される男性ならば、部下の女性の立場や心境を十分に考えて言動しなければなりません。



一方で、心療内科・精神科へは被害者である女性の方々が数多く受診されます。男性上司から性的に不快な言動をされたり、職務や人事で差別されたりと被害の状況は様々であります。皆様方、心が深く傷ついていらっしゃり、眠れなくなったり、悪い夢を見るようになったりされています。朝は会社へ行くのが嫌になり、行ったとしても今まで通り集中して仕事ができなくなってしまいます。そして、休職や辞職をされる方も少なくなくありません。自宅で休んでいると、嫌がらせをされたのにどうして自分が休んだり辞めたりしなければならないのかと悔しくて仕方ありません。怒りや悔しさを覚えられる方は未だ良い方で、あのようなことをされたのは自分が悪かったのかと自責的になったり、自己嫌悪に陥ったりされる方さえもいらっしゃいます。最悪の場合は手首自傷(リストカット)をされたり、過食嘔吐を繰り返されたりするようになります。

このような症状を生じた時は、事態を冷静に省みて、ご自身には然程の非はなく、悪いのは相手の上司であると改めて自覚することが必要です。そして気持ちが癒されてから、相応の慰謝を求めることも可能です。しかし職場や周囲の評価はどうしても地位ある男性上司へ傾いてしまいますから、その際は十分な準備や協力が必要となります。従って、対処の方法としてはパワハラの場合と同様に、セクハラであると認識すること、職場内に理解者・協力者を求めること、レベルに応じては告発・訴訟も辞さないことが必要です。それにはお近くの精神科医や弁護士とご相談されることをお勧め致します。
2006.07.17 Monday 12:42 | comments(1) | trackbacks(1) | 

上司からの嫌がらせ〜パワハラ

前回は「忙しい職場」として「過重労働」についてお話いたしました。特に都心の企業では皆様、夜遅くまで働かれていて、土日に出勤されている方も少なくありません。本人の意思とは関係なく、職務のノルマ職場の雰囲気から帰宅できないことも少なくありません。特に高圧的な上司に支配されている職場では、実際の職務より全体の雰囲気からなかなか帰宅できず、結局、終電やタクシーで帰宅することになるようです。

このような地位や権力を利用した嫌がらせをパワーハラスメント(パワハラ)と呼びます。日本の「縦社会」な職場においてはこれまで日常的・常識的に行われてきたところもありますが、昨今の国際的な職場においては、異常・問題として見なされ、時には処分の対象になることもあります。しかし、被害に遭っている部下からなかなか言い出せるものではなく、結果的にうつ病ストレス関連障害を発病してしまうこともあります。



心療内科・精神科へもパワハラの被害者が数多く受診されています。皆さん善良真面目な方ばかりで、言われたことやされたことを深刻に受け止め、悩んでいらっしゃいます。いわゆるうつ病の病前性格にも相当されるような方々です。一方で加害者というのは、被害者である方々からうかがうところ、いわゆる自己愛性人格に相当するように思われます。すなわち自尊心や虚栄心が強く、自分の利益のために部下を利用したり他者を操作したりする人々です。このような人格は一方で、自分より上位の人々に対してはへりくだり、社内でも高い業績を上げることが少なくないので、その上司や社内での評判は良かったりもします。従って、被害者は益々、被害の実状を告発することができず、窮地に追い込まれ、結局、発病に至ってしまうわけです。

このような被害に遭わないためには、まず行われている行為がパワハラであると認識すること、職場内に理解者・協力者を求めること、レベルに応じては告発・訴訟も辞さないことです。しかし元々、善良で真面目な方々ですから、なかなかそういった行動を直ぐに取れるとは限りません。ともすると、「私が悪いのか」「もっと頑張らなければ」と考えて自分を追い込んでしまうのです。そして、適応障害やうつ病の発病に至ります。心療内科・精神科は、上司からのパワハラに悩まれている方々の心身の健康をサポートいたします。職場での理不尽な言動、不当な処遇に悩まれ、不眠、不安、倦怠、頭痛、抑鬱気分、意欲低下などを生じている方はどうぞお気軽にご相談して下さい。
2006.07.01 Saturday 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES | 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>