SELECTED ENTRIES
LINKS
SEARCH

マライア・キャリー 激太りで歌手生命の危機!ただ今106キロ

 

歌姫マライア・キャリー(47)が激太りして歌手生命の危機が取りざたされている。

 

米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。マライアは11日(米国時間)、ラスベガスのシーザーズ・パレスの劇場で行ったコンサートに激太りした姿で登場してファンを驚かせた。ステージで歩くのもつらそうな様子だったという。10曲を披露したが、1曲終わるごとに舞台裏に引っ込んで休んでいたそうだ。「彼女は明らかに口パクでした。舞台裏の楽屋で衣装を変えるのに15分もかかっていました」と観客は語る。「散々でしたよ。13センチのハイヒールを履いていましたが、数センチしか歩けませんでした」と関係者もマライアの惨状を指摘した。

 

現在の体重は約106キロにまで増えているという。肥満の問題に詳しい医師は「このままだと手足が不自由になる関節炎を引き起こす可能性があります。さらには心臓の疾患、高血圧、糖尿病になりやすくなり、がんになるリスクも高くなります」と警告した。また、マライアの関係者は「彼女は太り過ぎて今まで着ていたすべてのステージ衣装が窮屈になって動きにくくなっている。さらには2時間近いライブを行うスタミナがなくなっています」と打ち明けた。

 

2006年にも激太りしたことがある。その後、もとのスリムなボディーに戻ったが、13年に再び激太り。そして、またスリムな体形に戻った。太ったりやせたりを繰り返しているマライアだが、果たして今回はベスト体形を取り戻せるか――(東スポWebより)

 

 

マライア・キャリーさんは、全米No1シングル18曲を誇る歴代No1女性アーティストであり、その記録はビートルズやエルビス・プレスリーと並びます。20歳時、ウェイトレスをしながらバックコーラスをしている時、CBSレコードの社長へデモテープを送ったことにより「Vision of Love」でシンデレラ・デビュー。「7オクターブの音域をもつ歌姫」ともてはやされました。以来2000年までの10年間、出す曲は全米No1をヒットしました。それらをまとめたのが初のベストアルバム「#1‘s」です。

 

マライア・キャリーさんはアフリカ系アメリカ人の父とアイルランド系アメリカ人の母の間に生まれたハーフであったため、幼少期に人種差別を受けたといいます。3歳時に両親は離婚をしました。このため「自分には居場所がない」と感じていたと語っていました。太りやすい体質のようで、7年前の妊娠時も30坩幣綢世蝓妊娠糖尿病に罹患したようです。現在47歳、加齢とともに代謝が落ちていくため、ダイエットは容易ではないと思われます。なお、身長173僂砲董現在の体重106kgは、BMI (Body Mass Index)=35.42です。BMI=体重÷(身長)²と計算します。BMI=22が適正体重、最も病気になりにくいされ、身長173僂両豺隋体重65.84圓鳩彁擦気譴泙后

 

マライア・キャリーさんに限らず、アーティストと呼ばれる方に急激な体重増減を認めることが少なくありません。おそらく気分の浮き沈みに相関して食欲や運動量が上下するのでしょう。ドイツの精神医学者クレッチマーは「体格と性格」において、「肥満型」を「循環気質・躁鬱気質」と定義しました。このタイプの人は一般的に社交的で善良、親切で暖かみのある性格の人です。 気分が高揚しているときはユーモアがあり活発に行動します。 その反動からか周期的に沈み込む時期もあります。理解は敏速で自己の過大評価に陥らない限り、社会で最も成功をおさめやすいタイプです。 対人関係においてこのタイプの人は、ユーモアに富んだ性格で人に好かれやすく、人の間に入って潤滑油的な役割を果たします。

 

ちなみに「細長型」は「分裂気質」と定義しました。「分裂」とは「精神分裂病」に由来しており、現在は「統合失調症」と呼ばれています。クレッチマーの気質分類も「統合失調症気質」と改めるべきかもしれません。このタイプは感受性が鋭く、自分の外側、内側の変化を敏感に感じとります。一般的に知性の高い人が多いです。内省過剰な面もあり、良い意味では常に自分の内面を見つめることができますが、 必要以上に感じとったことを気にしすぎ不安定な状態になりやすいです。普段とは異なる場面で消極的で弱気な面が出てしまい、自分の力を発揮出来ないこともあります。 対人関係においては、攻撃的になることがなく信頼できるタイプです。

 

マライア・キャリーさんのように幼少期の劣等感が食行動に異常をもたらすことは少なくありません。特に女性は思春期以降、他人からどう見られているかという自分の容姿を気にするため、ともすると拒食と過食を繰り返してしまうのです。すなわち自尊心の病理や自己愛のパーソナリティーの問題が考えられます。自尊心や自己愛というと、プライドの高い尊大なイメージを抱きますが、実際はその逆で、劣等感の裏返し、本当の自分を愛せないパーソナリティなのです。このため過剰に痩せた体型や高価な服装、宝飾品などで自分を着飾るわけです。

 

治療者は「あるがまま」の自分を愛せないことが病理の中核であるということを伝えます。そして素顔になり、自然体で生きていくことが必要であることを繰り返し説きます。それには治療者との一対一の上下関係より、同じ悩みを持つ者同士による「集団精神療法」や「自助グループ」の方が共感を伴いやすく効果的と考えられています。マライア・キャリーの姿を見て、「私も・・・」と思っていらっしゃる方も少なくないはずです。

 

銀座泰明クリニック

2017.07.30 Sunday 13:59 | - | trackbacks(0) | 

なぜ、あの人はいつまでも美しいのか?

 なぜ、あの人はいつまでも美しいのか?
‐専門医が徹底検証した16のアンチエイジングの秘訣‐



吉永小百合、岩下志麻、天海祐希、高島礼子
松田聖子、江角マキコ
高木美保、松嶋菜々子、梶芽衣子、松坂慶子
黒木瞳、由美かおる、大地真央・・・・・・

凛とした美しさを維持して、
歳を感じさせない女性たちに共通する
秘訣が分かった!

総監修:中野徳重
監修:茅野分、土井里砂、満雄正

まえがき

序章
特別な「若さを保つ秘訣」はない!?
いつまでも「美しい女優」たちに共通するもの
1章
吉永小百合さんは週2-3回スイミング
有酸素運動で血管、血液の若さを保つ
2章
岩下志麻さんは腹筋を毎日50回
筋トレは太りにくい体と丈夫な骨をつくる
3章
天海祐希さんは朝と風呂上りに行う
ストレッチはしなやかな体をつくる
4章
高島礼子さんは荷物を両手に持つ
よい姿勢を保てば代謝もよくなる
5章
十朱幸代さんは朝食にこだわる
バランスのよい食事で病気知らずに
6章
賀来千香子さんは昼夕食に五穀米
白米を玄米に代えて血糖値の急上昇を抑える
7章
松田聖子さんは魚中心の和食派
毎日魚を食べて血液さらさらに
8章
江角マキコさんのこだわり
赤身肉を食べて心身健やかに
9章
高木美保さんは毎日とれたてを
野菜をたっぷり食べて体の錆を落とす
10章
松嶋菜々子さんはゆっくり食べる
よく噛むだけで肥満は防げる
11章
梶芽衣子さんはこまめにとる
水分を補給して、細胞をいきいき保つ
12章
松坂慶子さんは朝日を浴びる
日光浴で若返りビタミンを補充
13章
前田美波里さんは1日1回「汗をかく」
汗とともに体内の有害重金属を排泄
14章
黒木瞳さんは宝塚時代から続けている
日記をつけて記憶力の衰えを防ぐ
15章
由美かおるさんは夜11時に就寝
早寝で若返りホルモンの分泌を促す
16章
大地真央さんはお笑いタレントのマネが好き
「笑い」は抗ストレス力、自己回復力を高める

人は等しく歳をとります。歳とともに老いも進みます。でも、老いは等しく進むわけではありません。美しく歳を重ねる人に共通することは、「ごく素朴な生活習慣を若い頃より継続している」ということ。高級化粧品だけが美人をつくるわけでなく、そこに努力がなければ美しさは持続できない……。そんな当たり前のこと!といわずに、なぜ女優たちが美しくあり続けるのかをアンチエイジングの専門医たちに教えてもらう本です。

なぜ、あの人はいつまでも美しいのか? 中教出版

2011.01.20 Thursday 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 

醜形恐怖〜美しさと自分らしさ

前回まで、美しさを求める女性の心理とその裏にある親子の関係についてお話しました。特に若い女性にとって美しさは絶対的な価値観と考えられがちで、美しくなるために多くの時間と労力、時には多額のお金を費やします。そして男性からはもちろんのこと、同性からも誉められたい、自分自身にも自信を持ちたいと思い努力します。一方、そのことで長い間、悩んでいる方も少なくありません。「もう少し目が大きかったら、顔が小さかったら・・・」と悩んだり、「胸を大きくしたい」「下半身を痩せたい」と願ったりしています。

私の大学時代からの友人、湘南美容外科 総院長 相川佳之先生 によると、皆さん密かに悩み続けているようで、手術を契機に生まれ変わったように人生が明るくなる方もいらっしゃるようです。また最近は「プチ整形」と言い、化粧をするような感覚で、周囲に気づかれないくらいの簡単な手術で受けられる方も増えているようです。彼曰く「心療内科医や精神科医と同じように、僕らは美容整形外科手術を通して患者さんの『心』も治療している」とのことです。



美容整形手術の是非はともかく、若い女性における美しさへのこだわりはとても強く、時には常軌を逸することもあります。決して醜くなどないのに手術を求めたり、繰り返したりするのです。これはいわゆる「醜形恐怖」と言われ、自分の容姿容貌が醜いのではないかと恐れ続ける心の病気です。彼女たちに共通する精神病理として「ボディイメージの障害」があります。彼女たちは皆、否定的な自己像を抱いており、常に「自分が醜い・太っているのではないか」「周りから受け入れられないのではないか」と恐れ悩んでいます。そして周囲の視線を過剰に気にして「対人恐怖」となり、自分の顔・形を変えることに執心しています。前回・前々回にお話した摂食障害と似たような心理です。原因としても同様に遺伝的・生物学的な素因もさることながら、幼少期からの両親・母親との愛情関係が影響するとも言われています。

更に醜形恐怖では妄想的になることが少なくなく、「口の中や腋の下も臭っている」と悩んだり、「周囲からジロジロ見られている・噂されている」と恐れたりすることもあります。いわゆる「自己臭妄想」「被害妄想」と言われる精神病の症状です。これらは特に自意識の高まる思春期・青年期に多く認められます。決して軽くない症状ですから、この場合は速やかに精神科的な治療を受けられることをお勧めします。いずれにしても自分の容姿容貌が気になって仕方ない時は、心療内科や精神科へも相談してみるのがよいでしょう。

対人恐怖・醜形恐怖―「他者を恐れ・自らを嫌悪する病い」の心理と病理
2006.05.22 Monday 21:35 | - | trackbacks(6) | 

親子関係〜美しさと自分らしさ

前回は美しさや自分らしさを求める余り、摂食障害に至ってしまう若い女性のお話をしました。背景には不安定な対人関係や自己評価が潜んでいるともご説明しました。すなわち遺伝的な素因もさることながら、両親、特に母親との関係が大事で、幼少期から一定の無条件な愛情を受けられないと、どこかで「心もとなさ」「頼りなさ」を覚えてしまうのです。その結果、思春期になり「自分」を意識するようになると、その反動から容姿や成績などの外的な基準や評価を過度に求めてしまいます。

摂食障害の女性に限らず、思春期・青年期の情緒不安定な方々から子供の頃の思い出をうかがっていると、不安定だった親子関係が語られます。おおむね父親は仕事や別居のため家庭に不在だったことが多く、母親が養育に専従しています。時には母親も仕事を持っており、保育園や祖父母の元へ預けられています。母親のいない家庭に育った子供は幼少期から既に情緒不安定で、直ぐに泣いたり怒ったりしてしまう傾向があるようです。従って、子供にとっては物心つくまで母親のそばにいることが重要で、まずは母親の無条件、絶対的な愛情を通じ、安心や信頼といった感情が育まれるのです。



かと言って、母親の愛情が強過ぎてもいけません。特に思春期以降も親との関係が強過ぎると、愛情は支配や束縛となり、本人の自立を妨げてしまいます。いつまでも親の期待や価値観に左右され、自分の人生を生きられなくなります。また逆に誇大的な自己像を抱かせ、現実にそぐわない理想を求め続けてしまうこともあります。女性ならば限りない美しさを、男性なら限りない成功を求め、周囲の注目や賞賛を要求します。この心理は「自己愛」や「自尊心」と言い、少なからず誰でも持っているものですが、過剰になると自分を追い込み、周囲と軋轢を生じ、不幸な人生を招くことになってしまうのです。従って、思春期以降は自分の内面と外界とを客観的に認識し、身の丈に合った人生を生きることが大事です。それには時に幼少期から記憶をたどりながら、どうして自分が今そのように考えて振舞っているのかを熟慮することも必要です。銀座泰明クリニックでは、美しさや自分らしさを求め過ぎる余りに生き辛い毎日を送っている女性や青年のお話をうかかがい、ご両親との関係を含め、より楽に生きられる道を共に探ってまいりたいと思います。
2006.05.14 Sunday 08:45 | - | trackbacks(0) | 

美しさと自分らしさ〜摂食障害

前回は最後にストレスと食物の関係についてお話しました。イライラしたり落ち込んだりしている時に甘い物を食べると一時は気が休まりますが、人によっては食べ過ぎてしまい、食べてしまったという自責感と太りたくないという恐怖感から嘔吐したり下剤を用いたりすることがあります。いわゆる過食症です。これは逆に食べられなくなってしまう拒食症と交互に生じやすく、合わせて摂食障害と呼ばれ、若い女性に多く生じます。摂食障害は重くなると体重の増減も来たすため容姿にまつわる悩みと密接に関係します。

女性は思春期になると自分の容姿に強い関心を持つようになります。「綺麗になりたい、美しくなりたい」という願いは古今東西、共通しており、女性の本能とも言えるでしょう。年頃になり異性からの関心を集め、自分の中でも自信を確かにするために必要な価値観と言えるかもしれません。美しさの基準は地域や時代により異なりますが、現代社会では一般的に痩せた女性が美しいとされています。日本でもモデルやアイドルと呼ばれる女性はかなり痩せており、医学的な基準からすると痩せ過ぎではないかと心配になる程です。このため多くの女性がダイエットやエステなどに多くの時間と労力、多額のお金も費やしているのです。



しかしこの価値観に影響され過ぎると摂食障害に陥ってしまいます。私が診療している患者さんでも、十分に痩せて綺麗に見えるのに、「未だ太っている」と悩み、自己嫌悪を覚えている方が大勢いらっしゃいます。体重が45kg以下になっても太っていると思い、40kg以下、35kg以下になる方もいらっしゃいます。当然ながら、月経は停止し、疲労感や倦怠感も覚えていらしているのに、ご本人としては気丈に振る舞い、「まだまだ」とおっしゃいます。このように摂食障害になられる女性は、元々、頑張り屋思い込みの強い方が多いようです。専門的には強迫的な性格とも言い「ねばならない」「すべき」という考え方をしがちです。

このような性格は遺伝的に決まった気質のこともありますが、養育環境の中で形作られることもあります。殊に両親・母親との関係は重要で、幼少期無条件で「可愛いね、愛しているよ」というメッセージを与えられるかどうかが、思春期以降の対人関係自尊心の形成には欠かせないようです。不幸にしてそのような愛情に恵まれないと、他人を信頼できず、自分にも自信が持てず、情緒不安定な性格になってしまいます。これは後から考え直したり思い込んだりしても、なかなか身に付くものではなく、まさに「心を育む」ことにより形作られるものと言えます。

また「無条件」にということが大事で、特に昨今の少子高齢化・核家族化した家庭ではお子さんへ過保護・過干渉となってしまうことが少なくなく、ともすると幼稚園・小学校の頃から習い事やお受験といった形で支配・束縛してしまうことになり、幼少期こそ従順にしていても、思春期から反抗したりしはじめ、女の子の場合は摂食障害に至ることもあるのです。ついては両親や世間の価値観に振り回されず、自分らしくあるがままに、生きていけることが望まれます。



摂食障害―食べない、食べられない、食べたら止まらない
2006.05.06 Saturday 14:05 | - | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES | 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>