SELECTED ENTRIES
LINKS
SEARCH

現代都市における最適な診療環境とは

精神科クリニックの空間デザイン

現代都市における最適な診療環境―

茅野分1) 藤井千代2) 村上雅昭3) 水野雅文4)

 

1) 銀座泰明クリニック精神科
2) 埼玉県立大学保健医療福祉学部

3) 明治学院大学社会学部社会福祉学科

4) 東邦大学医学部精神医学講座

 

はじめに


現代都市、特に東京の発展は著しい。21世紀を迎えても人口は増加の一途で、1300万人を超そうとしている。ニューヨークやロンドンをはるかに引き離し、世界一の巨大都市となった。東京駅から東京湾にかけて高層ビルが立ち並び、多くの人が働いている。都内はもとより関東地方を通勤圏とし、東京都市圏の昼間人口は3500万人を超える。



しかし、都市環境は精神疾患の発症・増悪に影響を及ぼす(1)。人間の遺伝子と相互作用を生じ、統合失調症の一因になるとも言われている(2)。都市からは緑が失われ、無数のビルが立ち並ぶ。ビルには深夜まで電気がつき、コンピューター作業が続く。仕事は業績で厳しく評価され、不良が続くとリストラされることもある。雇用は派遣が増加し、職員が頻繁に入れ替る。外国人労働者の割合も増えている。昨今の経済不況から更に著しい。そして格差社会を生じる。

このような環境から人々は眠れなくなり、出勤できなくなる。症状は軽症でも職務に支障を来たし、中等症になると休職を余儀なくされる。現代都市には昔や田舎のような寛容さがない。些細なミスで過大な責任を追及される。都市がストレス脆弱性を高め、レジリアンスを妨げていると言っても過言ではない。このような現代都市において最適な診療環境を提供するためにはどのようなことに留意すべきであろうか。

現代都市の精神科臨床サービスの一つ「統合型地域精神科治療プログラムOptimal Treatment Project, OTP 」(3)は、地域で展開する精神医療・保健福祉サービスの必要条件として「4つのA」を提唱している。1. Accessibility(利便性)、2. Acceptability(受容性)、3. Accountability(説明責任性)4. Adaptability(適応性)。すなわち、精神に変調を生じたらスティグマを感じることなく、すぐ受診できる。診療はエビデンスに基づき、各スタッフが病態の変化へ柔軟に対応できるということである。本稿はこのうち利便性と受容性の観点から最適な診療環境について考察したい。

 

最適な診療環境とは


最適な診療環境とはどのようなものだろうか。それはそこにいるだけで心が安らぎ、不安や抑鬱が軽減するような環境であろう。街の雑踏や喧騒から離れ、静かにゆっくりと過せる空間である。寂しい時や辛い時にはそっと寄り添ってくれる人がいて、こころ安らぐ場所である。精神療法はこれを「抱え環境」と呼ぶ。子供が母親に抱かれているような、無条件の安心・信頼を覚えることのできる環境である。個人の五感へ働きかけ、自然治癒力を高める空間である。海外では"Optimal healing environment, OHE"(4)をはじめ、多くのエビデンスが報告されている。それでは具体的にどのような要素があるのだろうか?


(1)
日本社会精神医学会編:社会精神医学.医学書院,東京,2009


(2) Lydia Krabbendam and Jim van Os: Schizophrenia and urbanicity: A major environmental influence - Conditional on genetic risk. Schizophrenia Bulletin, 31; 795-799, 2005.


(3) 水野雅文、村上雅昭、佐久間啓編:精神科地域ケアの新展開―OTPの理論と実際―.星和書店,東京,2004

 

(4) Marc Schweitzer, Laura Gilpin, Susan Frampton: Healing Spaces: Elements of environmental design that make an impact on health. J Altern Complement Med., 10 Suppl 1; S71-83, 2004.

続きは 精神科臨床サービス 第10巻02号 をご覧いただけるようお願い致します。そして、銀座泰明クリニックではこのような考えのもと、東京・銀座において、より最適な診療環境をご提供できるよう関係各社と協同の上、調査開発を進めております。今秋にリニューアルするクリニックへもお越しいただけると幸いです。今後とも宜しくお願い致します。
















2010.07.18 Sunday 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 

移転のお知らせ:東京朝日ビル

平素より格別のお引き立てをいただきありがとうございます。

さて、銀座泰明クリニックは9月1日に移転を予定しております。

東京朝日ビル

〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-7
03-5537-3496





朝日ビルデイングは、朝日新聞社のグループ企業、1929年に朝日新聞の創刊50周年記念事業として生まれた、ビル建物の運営会社です。 東京・大阪をはじめ名古屋、京都、神戸、広島、福岡、ほか、全国の主要都市に17棟のランドマーク的なビルを展開しています。東京朝日ビルもその代表的な一つで、銀座・並木通りにおいて象徴的な存在となっております。

一方、移転の背景には残念は事情もございます。本ブログにも記載した通り、一昨年のリーマンショック以降、世界中で経済不況が続いております。東京・銀座においても例外ではなく、メディカルコンプレックス銀座の運営会社、日本複合医療施設は破産し、出資元のダヴィンチ・ホールディングスは上場廃止となりました。春の夜の夢のごとしです。

しかし、各クリニックの診療には問題なく、メディカルコンプレックス銀座では現在も継続した診療が行われています。他のクリニックも移転の準備を行っておりますが、クリニック同士の連携は変わらず、むしろより一層結束を固く、それぞれ銀座の近隣ビルへ移転後も診療連携を行ってまいります。複数のクリニックを受診されている方はどうぞご安心ください。

銀座泰明クリニックでは、近日中に新規のホームページさらにインターネット予約システムも立ち上げます。これを機に、最新の技術や情報を取り入れ、より良い診療・サービスに努めてまいります。今後とも、ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

追記、インターネット予約システムがようやく稼働いたしました。受診歴のある方はこちらへ患者番号と生年月日ごご入力してログインをお願いします。はじめての方はご面倒ですが、診療時間内にお電話にてご予約をお願いします。
2010.06.19 Saturday 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 

無縁死 3万2千人の衝撃 NHKスペシャル

無縁社会〜無縁死、3万2千人の衝撃



自殺率が先進国の中でワースト2位の日本。NHKが全国の自治体に調査したところ、ここ数年「身元不明の自殺と見られる死者」「行き倒れ死」など国の統計上ではカテゴライズされない「新たな死」が急増していることがわかってきた。なぜ誰にも知られず、引き取り手もないまま亡くなっていく人が増えているのか。「新たな死」の軌跡をたどっていくと、日本が急速に「無縁社会」ともいえる絆を失ってしまった社会に変わっている実態が浮き彫りになってきた。「無縁社会」はかつて日本社会を紡いできた「地縁」「血縁」といった地域や家族・親類との絆を失っていったのに加え、終身雇用が壊れ、会社との絆であった「社縁」までが失われたことによって生み出されていた。

また、取材を進めるうちに社会との接点をなくした人々向けに、死後の身辺整理や埋葬などを専門に請け負う「特殊清掃業」やNPO法人がここ2〜3年で急増。無縁死に対して今や自治体が対応することも難しい中、自治体の依頼や将来の無縁死を恐れる多くの人からの生前予約などで需要が高まっていることもわかって来た。日本人がある意味選択し、そして構造改革の結果生み出されてしまった「無縁社会」。番組では「新たな死」が増えている事態を直視し、何よりも大切な「いのち」が軽んじられている私たちの国、そして社会のあり方を問い直す。

まさに衝撃的な番組でした。無縁死、3万2千人。自殺に匹敵する人数の方々が毎年、引き取り手のないまま自治体で火葬・埋葬されているというのです。しかも番組の舞台は首都、東京。大都市の片隅で、数多くのお年寄りが人知れず亡くなっているというのです。番組では身元が分っても遺族はお骨を引き取らず、自治体により無縁墓地へ送られる様子が映されていました・・・

なぜこのような悲惨な出来事が起こっているのでしょうか?それは急速に発展した都市社会が原因の一つと考えられます。東京は戦後、移住してきた方々で占められています。その多くは日本の高度経済成長を担ってくれた方々です。しかし定年退職後、会社との縁(社縁)が切れると行き場を失ってしまいました。家族や親戚(血縁)が近くにいれば様子を見守ってくれますが、離婚や死別などから単身になると孤独な生活へ陥ります。都会は田舎のような近所づきあい(地縁)も乏しく、自ら働きかけないと周りと関わりなく暮らすことになってしまいます。

   表紙

核家族・少子高齢化といった社会構造の変化がこれに拍車をかけています。国勢調査によりますと、15〜64 歳の人口(生産年齢人口)は平成7年をピークとしてその後減少しています。15 歳未満の人口(年少人口)は昭和60 年以降減少しています。65 歳以上の人口(高齢者人口)は一貫して増加しています。この割合は世界最高水準に相当するそうです。

さらに、1960年と2005年を比較すると、大家族は31%から12%へ減少、単身者は16%から29%へ増加しました。さらに未婚率は30代男性で約30%以上、30代女性で約20%以上となり、少子化の要因として考えられます。そして一人暮しの高齢者(65歳以上)は400万人を超え、高齢男性の10人に1人、高齢女性の5人に1人が一人暮らしをしています。例えるならば、「サザエさん」のような大家族は「昭和」の昔話になってしまったのです。


総務省・統計局より

このような都市の問題は、現代の日本にはじまったことではありません。18世紀、産業革命、以後、ロンドン、パリ、ニューヨーク、ベルリンといった西欧諸国においても同様の現象が認められました。19世紀のイギリスでは、社会学者エンゲルスにより都市の繁栄の一方、そこで暮らす人々の貧しく厳しい生活状況が報告されました(「都市のもう一つの半分 the other half」)。

ドイツでは、ウェーバーが都市とは時代や場所を問わずその土地と関係を持たなかった人々により形成されると指摘しました。ジンメルは都市では地縁や血縁によりつながった第一次関係が弱まり、目的や機能で結ばれた第二次関係が強まると言及しました。人間関係は匿名性を帯び、互いの距離感が支配的になるとも分析しました。すなわち「よそ者」、「潜在的放浪者」により構成されるというわけです。

   

また、20世紀になりテンニースは人間の共同生活を二つに分類しました。一つは人間にもともと備わっている本質的な意志により人々が全人的に結びついた「ゲマインシャフト」家族・村落、中世都市が挙げられます。そこでは個性は共同体の中に溶け込んでいます。もう一つは思考を介した選択意志より人々が作り出した「ゲゼルシャフト」大都市や国家・世界が挙げられます。そこでは個性は個々人の中に保たれ、各人は合理的な思考により行動します。そして、テンニースは近代社会はゲマインシャフトからゲゼルシャフトへの転換にあると指摘しました。

日本では倉沢や盛岡が共同体の生活様式を村落的・都市的とに分類しました。「村落的生活様式」は、家庭の自給自足、村落での相互扶助を特徴とします。すなわち「自ら耕し、自ら食う」、冠婚葬祭、四季折々の行事を共にしたかつての伝統的社会です「都市的生活様式」は、日常生活から冠婚葬祭まで、あらゆることを金銭を対価として、専門業者に委託します。すなわち、赤の他人が、顔を会わせることなく、インターネットで注文する現代の都市社会です。こうして、都市化の進行により地域社会が消失し、いくつもの問題を生じることになったのです。



2010年1月31日に放送した「無縁社会−無縁死3万2千人の衝撃」以降、NHKには多くの反響が寄せられました。働き方や生き方の多様化や核家族化、そして長引く不況などにより、自分も「無縁」となってしまうのでは?という声も多数寄せられています。またこの夏、高齢者の所在不明の問題なども明らかになりました。

消えた高齢者 「無縁社会」の闇

「生きているか、死んでいるかさえ分からない」―所在不明の高齢者が相次いで発覚する異常事態。各地の自治体は今も毎日、住民基本台帳に記された住所地を訪ねて歩き、付近の住民から話を聞くなど調査を進めている。国は年金を受給しているすべての所在不明者の調査に着手した。



相次ぐ所在不明の高齢者。個別のケースを独自に追跡取材していくと、その多くが地縁や血縁など社会とのつながり失ったまま“無縁化”している実態が浮かび上がってきた。無縁社会は私たちの想像以上に、水面下で広がっていた・・・。
さらに、所在不明の高齢者に年金が支払われ続けているケースがいくつも明らかになった。取材のなかからは、親の年金を頼りに生活せざるをえない家族の深刻な事情が見えてきた。

NHKではテレビ・ラジオの様々な番組、そしてこのwebサイトを通じて皆さんとともに「無縁社会」を考えていきたいと思います。それでは、都市化が進むにつれゲゼルシャフトが大部分を占め、「縁」や「絆」は失われていくばかりなのでしょうか。「無縁社会〜無縁死3万2千人の衝撃」は、まさに日本のこの急激な変化を映像化した番組でした。これに対し、その後の番組では様々な対策や提案がなされました。
10月30日の番組では、「無縁社会」に対する様々な提言がなされました。「第4の縁」としてパーソナル・サポーターを配置し、寄り添い型の自立・人生支援を行う(湯浅誠氏、奥田知志氏)。「おせっかい」の復活とし、支え合いマップを用いて、独居老人へ積極的介入を行う(結城康裕氏)。「公的ヘルパー」を介護保険に準拠した形式で派遣する(河合克義氏)。

いずれも、現代都市で失われつつある、「縁」や「絆」を改めて取り戻そうという試みです。社会学でいうとソーシャル・キャピタル、人間関係や信頼関係による社会的な豊かさを高めようという活動に相当します。健康な若者ならば、この急激な環境の変化においても、インターネットや携帯電話を用いて、「ネットワーク」「コミュニティ」を形成していますが、ひきこもりの若者や独居生活の高齢者には容易にできる行動ではありません。

そして、精神医療はその背景にあると想像される、若者の不安・うつ病・精神病、高齢者のうつ病・認知症といった疾患に対し、適切な診断・治療を提供していかなければなりません。昨今の報告によると若者のひきこもりは100万人以上、高齢者の認知症は200万人以上に上るとも推定されています。

それには、従来の受動的に「待つ医療」のみでなく、時には積極的 (assertive) に出向く「訪問診療(往診)」が望まれます。現代都市、特有の「個人情報」や「プライバシー」には十分、配慮した上で、本人の治療意欲を引き出すような関係性をゆっくりと構築していけると良いでしょう。そして、必要とされる薬物および心理・社会的治療(心理教育・認知行動療法や就労支援)を提供し、新たな地域共同体、コミュニティへ導いていかれることが理想です。銀座泰明クリニックもこれらを念頭に、特に東京・都市部において一人で悩んでいらっしゃる方々へ有益なサービスを提供してまいりたいと思っております。

精神科地域ケアの新展開―OTPの理論と実際
2010.03.21 Sunday 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

沸騰都市 TOKYOモンスター NHKスペシャル

JUGEMテーマ:ニュース



人口流出が続いていた東京だが、今再び毎年10万人という大幅な人口増加に転じている。大きな原因が、企業の東京移転と外資系企業の進出。グローバリズムの地殻変動を日本は、東京一極集中という方法で受け止めようとしている。首都圏で進む再開発プロジェクトは、100を超える。東京の再開発を担ってきたのは、三菱地所、森ビルといった民間デベロッパーである。情報、文化を東京に集積し、環境に配慮した街作りで、世界の都市間競争で生き残ろうとしている。それを達成する2つの手段が、高層化と地下世界の拡大である。容積率は一挙に緩和され、東京は世界有数の超高層都市に生まれ変ろうとしている。また地下鉄網、インフラの埋め込み、地下高速道路、東京の地下は世界最高の集積率を誇るに至った。

沸騰都市 TOKYOモンスター NHKスペシャル

東京は丸ノ内を中心に大規模な再開発が進んでいます。いくつもの高層ビルが建て変わり、大勢の人々が東京・神奈川・千葉・埼玉から通勤してきます。朝晩のJR・私鉄・地下鉄は超満員となり、絶え間なく動いています。高層ビルは夜遅くまで電気がつき、社員の方々が残業に追われています。昨年後半の経済ショックからリストラの不安を抱いている方もいらっしゃいます。

中央区・港区・江東区の湾岸地域には高層マンションが建ち並び、新たな街が作られています。マンション一棟に数百戸以上が用意され、多くの人々が密集して暮らしています。マンションの入口は電子ロックされ、外部から許可なく入れません。内部も各戸は完全に独立しており、昭和の時代に見られた下町の長屋とは異なります。



このような環境を背景に様々な精神疾患が生じます。満員電車に乗ると動悸や息苦しさ、発汗や振るえなどが起きるパニック障害、朝から晩まで働き続けて神経が疲弊し、不眠、食欲不振、起床困難、意欲低下、抑うつ気分などが生じるうつ病などはその典型でしょう。更に驚くべきこととして、最も生物学的な精神疾患である統合失調症までも都市化により増加するという報告があります。

以下の文献によると、都市環境が小児・思春期の精神発達において何らかの影響を及ぼし(遺伝子−環境の相互作用)、統合失調症の発症において約1/3に関わっているというのです。具体的な機序は不明ですが、最近の研究によると生育環境における社会的な信頼関係が重要な役割を担っているようです。

Lydia Krabbendam and Jim van Os. Schizophrenia and urbanicity: A major environmental influence - Conditional on genetic risk. Schizophrenia Bulletin 2005;31:795-799.

すなわち、都市化により人々は孤立し、小児の神経発達において統合失調症の危険因子にまでなりうるというわけです。早朝に背広姿の大人に混じり都心の小学校へ電車通学し、放課後は夜遅くまで塾通いをしている子供を見かけると心配になるのは私だけではないでしょう。子供たちがよく学びよく遊び、成長していける街づくりを期待したいものです。

これとは逆に、精神疾患の治療につながるような町もあります。私が先日宿坊した高野山・三宝院がまさにそうでした。高野山とは、およそ1200年前に、弘法大師によって開かれた、真言密教の修行道場であり、全国に広がる高野山真言宗の総本山です。大阪の市街地から電車で1時間半余り、最後はケーブルカーに乗り換え、降りるとそこは山全体がお寺の境内でした。樹齢・数百年と言われる木々が生い茂り、木造の伝統的な寺院や家屋が立ち並んでいます。町中を参拝を目的とした人々や袈裟をまとった僧侶の方々がゆっくり歩いています。寺院へ入ると、灯篭の薄明り、線香の香とお経の声に包まれます。幻想的・神秘的な光景の中、自然と心が穏やかになりました。

現代でこそ、電車とケーブルカーを乗り継ぎ1時間余りで着きますが、昔の人々は山道を歩き、何時間または何日間もかけてたどり着いたことでしょう。高野山に滞在し、寺院へ参拝することはもちろんですが、この行き帰りの道程も心の安らぎにつながったことと思います。現代の都市社会は交通機関や電子機器が発達し、大変便利になりました。しかしそれが逆に、常に忙しい生活を生み出し、人々の精神を圧迫しています。人と人とが顔を合わせることもなく用事を済ませられるようになり、心のつながりが希薄になっています。そのような時代だからこそ、改めて今暮らしている社会や生活を見直し、ゆっくり穏やかに生きることが大事だと思う次第です。


南海高野より
2009.03.18 Wednesday 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES | 
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>